Close

特徴と使い方

mogu book(2010~)を開催する中で、例えばその本について詳しい人や、話の上手な人がどうしても場をリードしてしまうことに気が付きまして、
どうしたらちいさな声を拾って、なるべくフラットに話をすることができるだろうか、とずっと考えていました。
また、自分がファシリテーターを務める、というようりは、全員が参加者でありたいと思っていました。

そのために、カードを繰り返し使ってきて、一旦方法としてまとめています。
読書会や勉強会、少人数会議をやる時などにご利用ください。

 

メリット
・一度カードに書いて、カードを見せながら話をするため、話せない/話しすぎるということが減る
・1人ずつ話す→他の人は意見や感想を言う、というサイクルをくり返す中で、自然に対話的な状態になる
・話をした過程がカードとして残るため、記録・ふりかえりがしやすい